令和4年度同窓会記念誌 希望の光 ~新しい世を照らせ~
30/148

28 「“ア・カペラ部”ってどんな活動をしているのかなぁ?」そんな疑問を持った昭和63年度(平成元年)卒業生は、令和3年12月6日、久し振りに母校甲府一高にお邪魔してア・カペラ部の活動を体験させていただくことにしました☆この日は年末のクリスマスコンサートを控えて発表曲の練習の真っ最中。 「どんな気持ちで歌ってる?」「ここで終わりを感じさせないで!」顧問の中先生の指導にも力が入ります。技術的なことよりも『表現すること』を大切にして、常に生徒ひとりひとりと“対話”をしながら進めていたのが印象的でした。 歌うことに真面目に一生懸命に取り組む姿と、間の和やかな会話のやりとり。部員の皆さんが楽しそうに活動している様子が、見学者の眼にはとても微笑ましく映りました。 「やっぱり、“生”で“間近”で聴くのは、伝わるものが全然違うね♡」見学者の感想です。イマドキの一高生のひたむきに頑張る姿を直に見ることができ、素敵な時間を共有させていただきました。ア・カペラ部の皆さん、顧問の中先生、ご協力どうもありがとうございました。最後にみんなで記念写真。ハイッ、チーズ!!まずは『ア・カペラ部』です。- 50代の甲府一高部活動見学日誌 -新たに誕生した部ア・カペラ部

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る